resources_136resources_137先月に続いての開催でしたが、今月も飲料水のペットボトルや缶、瓶などが大量に集まりました。特にビールとビール系飲料の入っていたアルミ缶が殆どで、参加者の大半が分担して流れ作業を行いました。昔はビールといえば通称「瓶ビール」と呼ばれた633ml入りのものが主流で、私なども「缶ビールなんて不味くて飲めないよ!」と言って敬遠していました。時代が変わり缶ビールが当たり前になった現在では「当時は本当に不味かったかどうかは不明?」ですが、ガラス瓶とアルミ缶では重量と梱包のし易さからしても省エネルギー時代にマッチしていることは間違いありません。一方のペットボトルも先月同様大量に集まりましたが、今日はちびっ子たちの応援隊が多人数で手伝ってくれたこともあり、私もアルミ缶とスチール缶の仕分け作業を手伝うことが出来ました。尚、本日の5時から「夏まつり」として、水戸市より資源ゴミ回収の報奨金として頂戴している一部を使い、町内の子供たちに無料で楽しんでもらう企画を催すことになっており、私も撮影班としてお手伝いすることになっています。